Page: 1/2   >>
スマさんと県庁の石段

西予市三瓶町をテクテク訪問活動している時のことです。
パンを買いに入ったお店で、お店番のおばあちゃんが
五つ玉のソロバンを使ってらっしゃるのを発見。

「うちの父も五つ玉でした〜」と懐かしくて お声をかけると
「私は暗算が得意じゃけん、五つ玉もそうは使わんのよ。」
「へ〜 スゴイですね。母さんはおいつですか〜?」
「96歳」
「!!!」

御年96歳の今も現役お店番の佐藤スマさん。

ついでに
「昭和20年8月15日は、どこにおられましたか?」と訊くと
「ビルマにおったよ。」
「!!!」



日赤の看護師として、ビルマで終戦を迎えたそうです。
その日から敗走の日々が始まりました。

およそ一年がかりで、日本に帰る船に乗りに
「富士山が見えるぞ〜」の声に、デッキに上がって
遠くに見えた富士山の美しさは 今も忘れられないそうです。

そこからまた故郷めざして過酷な旅をつづけ
ようやくたどり着いた松山駅は、
焼け野原の中にプラットフォームがあるだけ。
松山駅から愛媛県庁が見えたそうです。

雨露凌げる建物が県庁だけだったので、
県庁の石の階段 一段ごと一人 寝たそうです。

今も松山に行く用があると、
県庁の石段を見に行くそうです。

「何とか帰り着いて、ここで寝たんやなぁ・・・」と。

「戦争はこりごり。戦争はしたらいかん。
 たとえ勝つ戦争でも、戦争はいかん。」

スマさんはきっぱりとした口調で繰り返されました。
| ながえの発見 |
ながえ孝子 商店街をゆく・・・

商店街育ちの私は、商店街が好きだ。
そして、古くからの商店街を歩くと
宝物も色々見つかる。

丹原商店街

多分、先代は和菓子屋さんだったんだろうなぁ
と推察されるケーキ屋さん「とくのや」さん。



若いご主人が工夫を凝らした
オリジナルの洋菓子がたーくさん並んでいて、びっくり!



例えば、<とくのやフルーツ大福>は、
普通なら生クリーム&フルーツとくるところを
白あんとカスタードクリーム(多分)と生クリーム・・・
この白あんが、甘くなくて上品で、ぐっとくる!
ここは大発見!



「松木からつや」の看板は
からつやさんらしくタイル張り。



店内の陳列台の土台はタイルが貼られていて
レトロで実にいい雰囲気

そして、ありとあらゆる陶器揃っていて、
まるで<せともの博物館>のよう
老舗の懐の深さが、ぐっとくる!



こんな味わいのある商店街が県内各地から
消えようとしている・・・
何とかしたい・・・
| ながえの発見 |
平和の鐘
皆さ〜ん、平和の音色ってどんな音だと思いますか? イメージとしては、ハープとかフルートの優しい音色・・・ あるいは透き通ったピアノの音色・・・ 宇和島を歩いている時に「平和の鐘」という看板発見! 辿ってみたら、「泰平寺」さんに奉納されている釣鐘に出会いました。 戦争の悲惨さを身を持って味わった宇和島出身の中川千代治氏が、昭和25年2月、 鐘の音で、銃声を抑えたいとの祈りを込めて、自分が戦場に携えた軍刀と26カ国の貨幣で鋳造した「世界絶対平和万歳の鐘」を作りました。 その後、賛同する世界65か国の人々からコインが寄せられ、鋳造した子鐘をニューヨーク国連本部に寄贈。平和運動が広まったそうです。 私もその鐘をついてみました。 深い、心に響く音色でした。国連本部でも宇和島発祥の「平和の鐘」が打ち鳴らされるということを、愛媛人として誇りに思い、「中川氏の平和を希(ねが)う気持ちと行動を受け継がねば」と改めて誓いました。 
| ながえの発見 |
寒いからこそ・・・

今が一番寒い時期・・・

ここを踏ん張れば・・・の気持ちで

お仕事 頑張ってらっしゃる方も多いと思います。

 

昔の街並みの残る内子は、

職人さんの手仕事が大事に伝わってるところでもあります。

五十崎地区の「天神和紙」さんで出会った手漉き和紙職人さんは・・・

何と! うら若き女性でありまして、嬉しくなりました。

 

古くから、「紙は寒漉きの紙が一番!」といわれています。

温度が低いと、紙の繊維が絡みやすくなるから良い紙が出来るのだそうです。

水温が4℃が、紙漉きには最適の温度といわれています。

だから、華奢な手を凍えさせながら

頑張ってらっしゃる姿に感動しました。

 

建築現場やドランバー、管理部門など

かつての男性社会にチャレンジしてる女性の皆さん

伝統世界で身を持って技術を学び

独自の感性を発揮しようとチャレンジしてる女性の皆さん

 

心から応援しております。

 

圧倒的に男性の多い政治の世界で

ストラッグルしてる私から共感を込めて。

| ながえの発見 |
「松岡教室」ってすごい!
「松岡教室」の展示会があるから…のお誘いに 何の教室だろうか?と興味しんしん 伺ってみて、びっくり お料理あり、書道あり、絵画、手芸、水墨画、絵手紙、帯結びや行燈も。 松岡さんが始められたお料理教室が原点で 書道教室が加わったのち 地域にベテランの指導者がおられるので どんどん分野がひろがつてるそうです。 地域の皆さんが集まって 楽しく学び合いをされてる空気が 作品からも伝わってきます。 こういう寄合場所が大事ですよね。 各地に○○教室が出来たら 健康寿命も伸びますよね〜 ビバ!「松岡教室」!!
| ながえの発見 |

<< 2018年08月 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

検索

カテゴリー

以前の記事

リンク

Feed

その他

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM