Page: 1/2   >>
平和の鐘
皆さ〜ん、平和の音色ってどんな音だと思いますか? イメージとしては、ハープとかフルートの優しい音色・・・ あるいは透き通ったピアノの音色・・・ 宇和島を歩いている時に「平和の鐘」という看板発見! 辿ってみたら、「泰平寺」さんに奉納されている釣鐘に出会いました。 戦争の悲惨さを身を持って味わった宇和島出身の中川千代治氏が、昭和25年2月、 鐘の音で、銃声を抑えたいとの祈りを込めて、自分が戦場に携えた軍刀と26カ国の貨幣で鋳造した「世界絶対平和万歳の鐘」を作りました。 その後、賛同する世界65か国の人々からコインが寄せられ、鋳造した子鐘をニューヨーク国連本部に寄贈。平和運動が広まったそうです。 私もその鐘をついてみました。 深い、心に響く音色でした。国連本部でも宇和島発祥の「平和の鐘」が打ち鳴らされるということを、愛媛人として誇りに思い、「中川氏の平和を希(ねが)う気持ちと行動を受け継がねば」と改めて誓いました。 
| ながえの発見 |
寒いからこそ・・・

今が一番寒い時期・・・

ここを踏ん張れば・・・の気持ちで

お仕事 頑張ってらっしゃる方も多いと思います。

 

昔の街並みの残る内子は、

職人さんの手仕事が大事に伝わってるところでもあります。

五十崎地区の「天神和紙」さんで出会った手漉き和紙職人さんは・・・

何と! うら若き女性でありまして、嬉しくなりました。

 

古くから、「紙は寒漉きの紙が一番!」といわれています。

温度が低いと、紙の繊維が絡みやすくなるから良い紙が出来るのだそうです。

水温が4℃が、紙漉きには最適の温度といわれています。

だから、華奢な手を凍えさせながら

頑張ってらっしゃる姿に感動しました。

 

建築現場やドランバー、管理部門など

かつての男性社会にチャレンジしてる女性の皆さん

伝統世界で身を持って技術を学び

独自の感性を発揮しようとチャレンジしてる女性の皆さん

 

心から応援しております。

 

圧倒的に男性の多い政治の世界で

ストラッグルしてる私から共感を込めて。

| ながえの発見 |
「松岡教室」ってすごい!
「松岡教室」の展示会があるから…のお誘いに 何の教室だろうか?と興味しんしん 伺ってみて、びっくり お料理あり、書道あり、絵画、手芸、水墨画、絵手紙、帯結びや行燈も。 松岡さんが始められたお料理教室が原点で 書道教室が加わったのち 地域にベテランの指導者がおられるので どんどん分野がひろがつてるそうです。 地域の皆さんが集まって 楽しく学び合いをされてる空気が 作品からも伝わってきます。 こういう寄合場所が大事ですよね。 各地に○○教室が出来たら 健康寿命も伸びますよね〜 ビバ!「松岡教室」!!
| ながえの発見 |
年賀切手に「伊予一刀彫」の鶏が羽ばたいた!

皆さ〜ん、今年の年賀切手 ご覧になりました?

木彫りの鶏の図案ですよね。

 


 

実は、この図案のモデルになった鶏の一刀彫は
松山市の垣生で作られているんです!
「南雲」さんで作られている伊予一刀彫が
採用になったんだそうです。
何か嬉しく 誇らしいですね。

 


 

愛媛って、一刀彫の他にも下駄や和傘や竹細工など
素晴らしい手仕事の物が沢山あります。

 

一つ一つ仕事で手生み出された
作品と言ってもいい品は、
温もりがあって使いやすく、使うほどに味わいを増し、
本物の力を持ってますよね。

 

残念なのは、海外との価格競争の中で負けて行って、
それを伝える職人さんも少なくなっていってること。
せめて本物の味を知る私たちは、
郷土の本物を買いささえたいものですよね。

 

そして、きちんの地域の産業として
守り支える政策も必要だと思います。

| ながえの発見 |
母ちゃんの笑い声の響く町は元気だ。
 今年の仕事納めだって お母ちゃんたちが懸命に 「じゃこ天」の材料の『ハランボ』を捌いていました。 早業! その手さばきの見事なこと! 「この先のシーサイドに持って行って  じゃこ天にして食べられるんよ。  「ここでは、なんぼ頑張って捌いても  お口へぽいっとはいかんのよ〜」 と陽気に笑う母ちゃんたち。 母ちゃんの笑い声の響く町は元気だ。 今日も双海は風が強い・・・ 来年もたくましい母ちゃんの声が響きますように。
| ながえの発見 |

<< 2017年06月 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

検索

カテゴリー

以前の記事

リンク

Feed

その他

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM