Entry: main  << >>
白水台ふれあいトーク 〜若者よ夢を語ろうじゃないか〜
ふれあいトークを開くたび、様々なご意見を頂いて、とても勉強になりますし、アドレナリンが湧いてきます。
先週土曜日に松山市の白水台で開いたふれあいトークは、ひとしおでした。



部屋一杯の方々が、強い風の中お出で下さって、
私の話しの後、お一人お一人からお話を伺いました。
●税金の使い方が、よく分からないし、おかしいのではないか、というご意見。
●また、地方がどんどんダメになって行くのを、政治家はどうしてほっとくのか。
●若い人が夢を語れる国であってほしい。
今は、非正規で働いて疲弊して、格差は広がるばかりで、将来の年金だって自分らは貰えないと諦めている・・・政治に期待しない、すべて諦めている人が多いのでは・・・。

印象に残ったのは、団塊世代以上の方が多かったのですが、
団塊の世代の方は、時代を創ってきた自負がおありだからなのか、外見も発想もお若いです。そして、そのまんま、今の若い人が、新しい時代を創れない時代の閉塞感を心配してらっしゃいます。



地方・故郷に帰ってこれるよう仕事を創る。そして、子育て支援環境を整える。などなど、<ウエルカム えひめ>体制を作りたいものですね。





| ながえの集会レポート |

<< 2018年11月 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

検索

カテゴリー

以前の記事

リンク

Feed

その他

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM