Entry: main  << >>
「つながり」を再発見
今日は、まず 1階部分が水没した柚木地区でお手伝い。

一人暮らしのおばあちゃん家の片付けを手伝いましたが、
家の中のかつての生活用品が、がれきとなってるので、
それをとにかく運び出す。
いつ果てるとも分からない作業が続きます。



とくに水を吸ってるので、普段は軽い衣類が、
重い。
特に、紙オムツです。
水を吸うだけ吸って、石のよう。。。
紙オムツのストックは、上方が良いようです。

午後から大洲市でも水嵩が大きかったであろう
大川地区でもお手伝い。
ニュースで橋が押し流された映像が流れていたところです。

二階家の屋根瓦が流されていて、
家々の壁が崩落、道路も何か所も陥没していて、
改めて自然の脅威を感じました。

がれきの撤去が続く中で、
こんなほっとするシーンも。

がれきの中から無事見つかった武者人形。
いつもの緑豊かで流れ清い地区の平穏な暮らしを
一日も早く戻してあげてくださいね。



浸水した納屋から見つかった古い写真
「誰のじゃろ? あ〜じいちゃんじゃぁ!
 じいちゃん若い〜!」



家族や親せきやご近所という「つながり」を
再発見する被災後片付けでもあります。



| - |

<< 2018年07月 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

検索

カテゴリー

以前の記事

リンク

Feed

その他

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM