Entry: main  << >>
野村の町から早くガレキの山がなくなりますように
今日は野村町へ。

ガレキの大きな山。
一日も早く、この山がなくなって、
普通の日々が戻りますように。



私は「もぎたてテレビ」取材時代から、
野村の里は、桃源郷のようだと思ってました。

そんなお話をすると、地元の皆さんもみな
「ほんと、こんな災害が起こるとは思ってもなかった。」
とおっしゃいます。

そして、大変な状況なのに笑顔。
我慢強さに頭が下がります。
そして、「うちよりもっとひどい所へ行ったげて」の声
周りを気遣う優しさに泣けてきます。

二度と大切な命が奪われないよう
今回の教訓を活かし、備えて参りましょう。

負けないで、一歩一歩参りましょう。

近い将来、このガレキの山がなくなっても
教訓が忘れられないよう、伝えていきましょう。

お互いがお互いを支えあうという事を忘れないように。
| - |

<< 2018年12月 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

検索

カテゴリー

以前の記事

リンク

Feed

その他

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM